go to home
トップページ 野菜紹介 ミニ情報 販売 問合せ



プルーン


・成分と効能
 ビタミン,ミネラル,鉄分,食物繊維,ポリフェノール類などを豊富に含む。
  ⇒貧血,便秘,肌荒れでお悩みの方にお勧め。
   ストレス,肩こり,ガンなどの生活習慣病の予防にも効果あり。
   ※栄養豊富なことから『驚異の果物』『奇跡の果物』などと呼ばれている。

・食べ頃
 皮にシワが入り始めたとき、甘みが増して食べ頃になる。


そうめんかぼちゃ(金糸瓜)


・成分と効能
 ビタミンB1・B2・C,カロテン,食物繊維を豊富に含む。
  ⇒糖質をエネルギーに変えたり、エネルギー代謝を促すためダイエットに有効。
   風邪予防,美肌効果,整腸作用,抗酸化作用などの効能もある。
  ※脂肪分,デンプン質が少なく、非常にヘルシー。

・食べ方
 @:5p幅の輪切りにし、水から茹でる。
 A:20分ほどして、実に箸が通るようになったら水にとって冷やす。
 B:冷えたかぼちゃの内側を箸などで繊維状になるまでほぐし
 C:水気を絞り、三杯酢などに付けて食べる。
   ※淡白な味なので、いろいろな料理に使えます。

・保存方法
 ・丸ごと:風通しの良い冷暗所(10〜15℃)で1〜2ヶ月保存可能。
 ・切ったもの:傷みやすくなるので、ワタや種を取り除き、ラップに包んで冷蔵庫で保存。
 ・日持ちしないので早めに調理すること。


タマネギ


・成分と効能
 ・硫化アリル:血液をサラサラにするため、
  高血圧,糖尿病,動脈硬化,脳血栓,脳梗塞などの予防に効果あり。
  ビタミンB1を多く含む食品(豚肉,かつお,大豆など)と一緒に
  料理することで、疲労,食欲不振,不眠,精神不安定に効き目がある。
 ・ケルセチン:外皮に多く含まれ、抗酸化作用がある。
  脂肪の吸収を抑制する働きがあり、ダイエットにも有効。

・調理ポイント
 硫化アリルは水に溶けやすく、加熱により消失する。
 生食の場合、辛みは酢を使ってやわらげると良い。
 加熱する場合、火にかける1時間前に切っておくと、  熱に強い成分に変質し、有効成分の損失を防げる。

・保存方法
 ネットに入れ、風通しの良いところにつるしておくと、2〜3ヶ月もつ。
 新たまねぎは1週間ほどしかもたない。